こんにちは!!春が来たり冬が来たり忙しい季節ですね。体調には気を付けましょう!

 本日は久しぶりに普通の記事です。タイトルは「武井壮さんに学ぶ運動の基本!」

 まずは動画を一つ見てください。5分くらいですので一瞬です(笑)見たことのある人もいるのではないかと思います。

 

 皆さん見ましたでしょうか?過去放送された「笑っていいとも!」の一部分です。(転載していいのかな・・・)
 私自身武井壮さんのことは詳しくは存じ上げませんが、理解しやすい説明だなと思います。

 私が伝えたい要点はというと、『何かスポーツを始める前にやっておくことがあり、それは自分の体を思い通りに動かす練習をするということ。頭の中の自分と実際に動いている自分のズレをなくしていく。また、思い通りに体を動かすために基準を作ることが大事です。一つ基準が出来れば、そこから乖離した時に修正が出来ます。さらに思い通りに自分の体を動かせるようになるとスポーツの上達レベルが格段に上がる。』です。

 
 動画ではタモリさんが目をつぶって真横に腕を伸ばすということにチャレンジしていますが、始めは真横から少し上に上がっているのが分かります。その後武井さんに真横の位置に修正されて、再度チャレンジをすると一回目よりきれいになっているのがわかると思います。
 武井さんに修正された真横の位置を基準として、それに合わせることで真横に腕を伸ばすことが出来たということです。これが真横の位置が正確に分からないまま、自分の思い描いた真横の位置だと一回目のようにずれてしまうということですね。(最初から真横の位置が正しければ問題ないと思います。)

 

 腕を真横に伸ばすといった簡単なことでも実際にやるとずれているということが多々あると思います。これが走る・ボールを投げる・ラケットを振るなどの複雑な動きになればなるほど、頭の中でイメージしたとおりに体が動いておらず、ズレが大きくなるのではないかと思います。

 逆に言うと、頭の中でイメージしたことを忠実に再現することが出来たのであれば、自分がズレた時すぐに修正が出来ると思います。また、人から教えてもらったり動画でトップ選手の真似をしたときにすぐにできるのではないかと思います。

 

 ここから少し卓球の話をしまして、卓球をしているとよく上手い人のモノマネをするといいよということを言ったり言われたりするのではないかと思います。
 このモノマネをすることが上記してきた頭の中でイメージを作り、そのイメージと実際の動きを合わせる訓練になるのではないでしょうか?

 まず、モノマネをしようと思うとモノマネをする人の動きを理解しないといけない。それを自分のイメージしたとおりに体を動かさないといけないかと思います。
 ですので、モノマネで相手の動きを理解してイメージする頭の部分とそのイメージしたものを実際に表現する、二つの要素を訓練することが出来ると思います。
 
 上手い人に他の人のモノマネや技をやってもらうと結構似ていることが多いかと思います。
 これはなぜかというと上手い人はたくさん練習してきて、卓球におけるいろんな動きを習得しているから、頭の中のイメージと実際の動きが相当高いレベルでリンクしているのではないかと思います。
 また、上手い選手はたいていビデオをとって練習している人が多いと思いますので、客観的に自分の動きを見て自分の動きを理解していると思います。ですので、こう動いたらこう動くというのが客観的にも主観的にも理解しているかと思います。

 要は卓球における自分の動きを頭でも体でも理解しているからこそ、他人のプレーをみても真似を出来るということだと思います。もちろん、上手い選手もモノマネをしてきたからモノマネ技術が高くなっているともいえますが。

 じゃあ、自分の動きを理解しないとモノマネが出来ないじゃあないの?と言われるかもしれません。たぶん、その方がモノマネ自体はスムーズにできるかと思います。しかし、モノマネをすることが目的ではなくて、モノマネを通じて、自分(他人)の体の動きを理解することが大事なんではないかと思います。
 このモノマネというのが武井さんの言う客観的な基準になると思います。

 フローチャートみたいにすると、

 モノマネをしようとする→最初はよくわからない→モノマネを基準にして試行錯誤をする→だんだんと似てくる・だんだんと自分の動きが分かってくる→モノマネ完成→自分の頭で考えたように体が動かせるようになった


 大事なことは何度も言いますが、モノマネが目的ではなくて、モノマネの完成によって他人の動きを理解して自分の動きに落とし込むことが出来ることが大切だと思います。

 

 武井さんが動画の中で言っていたことを自分なりに解釈し直しましたが、モノマネの前に武井さんの言っていた運動の基本の動きがあって、それを高いレベルで習得できていたらモノマネもすぐに出来ます。
 しかし、動画内であった腕を真横に伸ばすような基本的な動きを完璧に習得をするというのは単調で持続できないかなと思います(私は無理です(笑))だから、武井さんが凄いのですが。
 また、自分の体の動きを完璧にするということを運動の基本と思っている人は少ないと思います。ですので、武井さん以外にそういうことを教えられる人がいないんじゃないかと考えます。

 だから、モノマネがよくスポーツの上達の上で大切よと言われていると感じます。何度も言いますが、モノマネの前に自分の動きを理解することは当然大事です。
 ですが、モノマネであればそのスポーツを楽しみながら、頭の中のイメージと実際の動きのズレをなくす練習になります。練習の合間とかみんなで遊びながらすることも出来ます。

 武井さんの言う運動の基本を習得することも当然大事ですが、スポーツを楽しむということも大事だと個人的には思いますので、それを同時に出来るモノマネを推進していくのはどうでしょうか!?

 本日は以上です!!