こんにちは!!だいぶ春らしい気候なってきましたね。散歩したりサイクリングしたり卓球するにはとてもいい気候です。

 今回のタイトルは「彼を知り己を知れば百戦殆からず」です。

 

 某blogのシリーズ記事のパクリか!と言われるかもしれないですが、まあぶっちゃけパクリです(笑)ただ、内容に関しては違ってくるものになるかと思いますので、オマージュと思っていただけると幸いです。

 さて、タイトルの意味ですが有名な言葉なので知っている人は多いと思います。
 簡単に言うと「敵の情報と味方の情報、両方を熟知していれば何度やっても負けることはない」という内容です。

 卓球に限らず、あらゆるスポーツ・ビジネス・勉強など何事にも通じることですが、今回は卓球、中でも自分の情報に焦点を置いて書いていきます。

 さて、みなさんは敵の情報と自分の情報をどっちの方が大事でしょうか

 

 当然どちらも大事ですが、対戦相手のことをしっかりと調べようとする人が多いのではないでしょうか。
 自分のことは自分が一番よく分かっていると思っている人も多いでしょうし(私もそうです)、対戦相手のことが不明のままだととても不安になるので敵のことをよく調べるのだと思います。
 だからと言って、自分のことを全然知らないままではダメです。自分のことだからといって後回しにしていてはそれが習慣化してしまう場合もあります。
 ですので、質問しておきながら答えを出さないのは卑怯ですが、敵の情報も自分の情報もバランスよく知ることが大事です。


 


 また質問ですが、みなさんは自分の打ったボールにどれくらい信頼を置いているでしょうか
 


 打つ前に入るかどうかわかる方、打った瞬間に分かる方、ボールが台につかないと分からない方、様々ではないかなと思います。
 私は基本的に打った瞬間にはおおよそ分かります。打つまでの準備がしっかりできた場合は打つ前にもわかるときがあります。ただ、これはフォアハンドに関してで、バックハンドについては感覚があまりないので、ボールを最後まで見てしまうことが多いです。
 もちろん、レベルが上がればこの感覚も狂うので、だいたい同レベル程度を想定して書いています。

 今回の記事の一番言いたいことは「自分の打ったボールがどのタイミングで入るかを知りましょう!」ということです。


 自分の打ったボールを最後まで見ないと分からない場合、相手の動きも見ることが出来ず次球に対する反応も遅れてしまいます。逆に言うと、自分の打ったボールが出来るだけ早い段階で入ると分かり、さらにコースや深さなどより正確なことがわかれば、相手の動きを見て次球に対する予想の精度が高くなりスムーズな動きと打球が出来ます
 自分の打ったボールが入るかどうか分からず、さらにはどこにいくか分からない状態では相手のボールがどこにくるか予想するのがとても難しいです。


 相手が何をしてくるとか、相手の球が何回転でどれだけ威力があるとか相手のことを知ることは大事ですが、その前に自分の球がどこにいって何回転かが分かることが大事ではないかなと思います。
 
 また入る感覚が身についてくれば、その技術に関してある程度習得したともいえるのではないでしょうか。入る感覚が分かれば、自分がどういう時に入らないかも分かり、自分の苦手とする部分がより正確に分かり、その対応もやりやすくなります。


 では、どうすればその入る感覚が身につくのでしょうか?


 答えは簡単です! 

 ひたすら打つのみです!!!


 単純明快でこれ以上答えが見つかりません!!
 ということで本日は以上です!!(笑)




 はい!冗談です(笑)これで終われば企業ならクレームがくるレベルですね。
 
 でも、実際にどれだけきれいなフォームを学ぼうが、戦術を学ぼうが、どれだけ上手な人に教えてもらってもそれを意識して実践し、最終的には無意識に試合で出来るようにならなければ意味がありません。
 ですので、それを身につけるためには打つしかありません。ただ、習得するための近道として上記に挙げたきれいなフォームとか上手な人に教えてもらうという手段があると思います。


 私個人的に練習する以外に入る感覚を身につけるためにした方がいいと思うことは
 他人の打っている姿をみてそれが入るか入らないかを判断する、もしくは自分の打ったボールを他人に入りそうかどうか判断してもらうということです。


 両者に共通するのは自分で自分のことを判断しないということです。自分で自分のことを判断するにはやはり限界があるので、それを他人に評価してもらったり、他人のことを評価して自分との違いを判断することでより感覚が敏感になっていくのではないかと感じています。

 特に上手い人のを見ていると、入りそうな雰囲気が常に出ているのでこれはこれで参考になるのですが、ミスした時にやっぱりどこかに力が入っていたりして違和感を感じることがあるので、その感覚を自分の中に落とし込めたらちょっとずつ感覚が良くなるのではないかと思います。


 
 本日は以上です!!次の更新はいつになるやら・・・(笑)