こんにちは!!3月に入りましてもうすぐ春が来ますね。新しい季節がやってくるので心機一転今年も頑張っていきたいと思います。

 今回の記事は「Tリーグ参戦選手紹介(リアム・ピッチフォード選手 T.T彩たま)

 ようやく参戦か!という感じですね。世界卓球で水谷選手や吉村真晴選手、張本選手との試合が記憶に新しいと思います。ヨーロッパの若手?の中でも世界ランキングをメキメキ上げて、中国選手にも対抗できる選手の一人です。また、張本キラーとして話題になりましたがその実力は本物で、Tリーグでも活躍してくれること間違いなしです!

 ピッチフォード選手はイングランド出身で現在25歳。世界ランキングは17位。この1年で50位くらいランキングをあげています。実力を考えれば、以前からもっと高い位置にいてもおかしくなかったが、ワールドツアーの出場回数などが日本選手などと比べる少ないと思われるため、なかなかランキングに反映されなかったのかなと。
 実績としては世界卓球団体銅メダル、リオ五輪代表などが挙げられます。直近の世界卓球では日本を破っており、韓国やドイツに続いてとても怖い存在になっています。また、ワールドツアーにおいては馬龍選手やボル選手などのトップ選手を次々と倒しており、爆発すると手がつけられない印象です。
 ゴジ選手やカルデラノ選手などと並んでアジア選手に対抗していく選手の一人になると思いますので、今後の活躍がとても楽しみです。

 ピッチフォード選手の戦型は右シェーク裏裏です。ヨーロッパ選手と言えば、中・後陣からの両ハンドが魅力的ですが、ピッチフォード選手は張本選手に勝るとも劣らず前陣での戦いが強いです。さらにヨーロッパ選手らしい後陣からのバックハンドも強力です。派手なプレーもあり、いつも観客を沸かせるようなプレーをしています。
 
 ピッチフォード選手はヨーロッパ選手とアジア選手のいいとこどりをしたような選手で、コンパクトなスイングから繰り出される両ハンドは見た目以上に球威がありそうです。特にバックハンドは振りが小さいが、威力もありコースが読みづらいです。ストレートへのバックハンドは張本選手と同じくらいに速くコースも厳しいです。
 
 弱点を強いて挙げるとするならば、プレーのムラが少々ある点です。張本選手同様前陣でリスクのある卓球をすると入りだしたら止まりませんが、ミスをし出すと崩れやすい傾向があります。
 でもこのようなムラというのリスクを取る以上仕方のないことかなと思います。それが安定してレベルの高いところでプレーが維持されれば本当に怖い存在になります。

 ピッチフォード選手の試合動画は2018年ブルガリアオープンより馬龍選手と試合です。

 馬龍選手は言わずと知れた世界最高峰選手の一人です。1年に海外選手に負ける回数と言えば両手が必要になるかどうかくらいだと思います。ですので馬龍選手に勝つということはとても難しく勝てるようになるということは世界のトップに立てる実力があるということも言えます。

 さて、試合内容はというとピッチフォード選手に少しラッキーな場面もありながらも、馬龍選手を圧している場面がいくつもみられます。前陣で早いタイミングで叩かれだすとさすがの馬龍選手も厳しいです。あまり詳しいことを述べても仕方ないので、動画を見て楽しんで頂きたいです。


 本日は以上です!!


Ma Long vs Liam Pitchford | 2018 Bulgaria Open Highlights (R32)