こんにちは!!ブログがなかなか更新できませんね・・・月に4,5回は更新できるように頑張りたいです。

 本日は「上田仁選手使用用具簡単レビュー(岡山リベッツ卓球SPOTにて)」です。



 Twitterにて少し触れたのですが、西の方に旅行した時、興味本位で岡山リベッツ卓球SPOTに行きました。そこで所属選手の使用用具を試打出来たのでそのレビューを簡単にしてみたいと思います。すぐ終わります(笑)

 私が試打したのは上田仁選手の用具。

 ラケット:インナーフォースZLC
 ラバー:テナジー05(両面)(フォアが05ハードだったような・・・)

 現在はバタフライの新ラバーディグニクスを使っていると思われますが、行った時には上記の用具だったと思います。それでは本題に移ります。


 基礎打ち:普段7枚合板を使っていますが、それよりも簡単に飛んでいきました。やはり特殊素材ということもあり自分が思っている以上に飛んでいきます。


 フォアドライブ:基礎打ちと同じく簡単に飛んでいきます。バックドライブもそうですが、自分の技量では回転をかけきる前に飛んでいくのでスピードは出せるけど、回転量は自分の用具よりも少ないように感じました。インパクトを強くして特殊素材の打ち方をしっかりできるようになれば、今の用具よりスピードも回転も1.5倍増しくらいになりそうな感覚でした。

 バックドライブ:この用具を使って一番よかったのがバックの感覚でした。ちょっと振るだけで良い球がいくので使っていて楽でした。特に前陣でのバックは今の用具とは全然違いました。全体的に上に上がる感覚があったのであまり落ちることはなかったです。

 台上技術:ツッツキはテナジーということもあって勝手にきれました。スピードもあるので回転量が多少落ちても、見た目以上に重いツッツキに感じました。チキータや台上ドライブについては、上記したように上に上がる感覚があったのでとてもやりやすかったです。ストップとかフリックはしませんでしたので割愛します。ただ、飛んでいく分コントロールが難しかったです。

 
 
 まとめ:基本的に特殊素材の打球感があまり好きではないのですが、使っていて本当に使いたいと思いましたし、トップ選手が使っている理由も少し分かりました。
 やはり木材にはない球の飛び方があることとラバーの影響もありますが、想像以上に上に上がる感覚があり振っていて落とす不安があまりなかったです。
 サーブとかカウンターとかまだまだやっていない部分はありますが、それでももしお金があるなら変えたいと思いました(笑)



 簡単ではありますが試打レビューとします。本日は以上です!!