こんにちは!!10連休ももう終わりですね。結局家でだらだらと過ごしています。

 本日は「Tリーグ参戦選手紹介(トルルス・モアガド選手 T.T彩たま)」です。
 
 続々と新たな選手との契約発表があるので選手紹介も続々とやりたいのですが、私の怠惰によりなかなか出来ておりません。ちょっとずつ更新していきたいと思います。
 
 今回紹介するのはスウェーデンの新星モアガド選手。まだ10代でヨーロッパの卓球界においては期待の星として注目を浴びていると思います。また、試合に勝利した時にはワルドナー選手と同じポーズをしたり、試合中には叫んだりと卓球以外の部分でも注目するポイントの多い選手です。

 それでは選手紹介へ。

 モアガド選手はスウェーデン出身の現在17歳。世界ランキングは113位です。実績としては世界卓球代表、世界ジュニア準優勝、国内選手権優勝などがあります。世界ランキングはまだ100位台ですが、ケルベリ選手と組んだダブルスでは樊振東選手と梁靖崑選手のダブルス破ったり、直近の国内選手権ではファルク選手やK・カールソン選手などを破り優勝しています。まだまだ粗削りな部分もありますが、これからの卓球界を引っ張っていく選手の一人だと思います。Tリーグでどれだけの活躍が出来るかがとても楽しみです。

 そんなモアガド選手の戦型は右シェーク裏裏です。ヨーロッパ選手らしからぬ最近のトレンドを押さえた前陣での戦いがメインです。キングオブテーブルテニスことワルドナー氏を少し彷彿とさせる個性的な卓球で観客を魅了します
 私が思うモアガド選手の強みですが、サーブからの3球目が強力です。ロングサーブも多用し、相手におこさせてから叩くというのが得点源になっています。その叩く際の特徴としてバックミートを多用することが挙げられます。張本選手も時折ミート打法を見せますが、モアガド選手ほどではありません。ドライブがメインの現代卓球においてはこのミート打法というのがよく効いているように感じます。

  さて、モアガド選手の動画ですが世界ジュニアのベストプレー集があったのでそちらにします。国内選手権の試合や世界卓球などの直近の試合でもよかったのですが、やはりこの世界ジュニアでの活躍がモアガド選手を羽ばたかせたと思うのでそのプレーを存分に見てほしいです。
 
 このプレー集を見て思ったのが、前陣での速い攻撃はもちろんことながらブロッキングゲームが出来るのが強みですね。中国選手相手にもしっかりコースを突いたブロックで崩し、最後はスマッシュで仕留める。自分が頑張って動くのではなく相手を動かして得点できればとても楽ですよね。
 馬龍選手やサムソノフ選手、大先輩でもあるワルドナー氏のように後の先で得点を出来ると安定した実績を残し続け、なおかつ長い間活躍できるのではないかと思います。
 モアガド選手や張本選手もこのブロッキングゲームを活かしながら世界のトップで長らく活躍してほしいです。

 本日は以上です!!

MOREGARDH TRULS - STRONG PLAYING STYLE ? BEST OF WORLD JUNIOR 2017 TABLE TENNIS