昨今の卓球ブームでメディアの露出も増えて、テレビやネットニュースでも度々話題になり、一卓球人としては大変喜ばしいことであります!
しかしメディアの露出が増えることで良い面も悪い面も両方出てしまうのかなと思います。

ちょうど最近、張本選手の試合終了後のマナーについての記事を読み、少し複雑な気持ちになりました。
記事の内容としては、試合終了後対戦相手と握手、次に審判、それから各コーチとするというのが一般的であるが、張本選手は先にコーチと抱擁してしまったのが問題だというのである。

もちろん、プロスポーツ選手となれば、勝つことで生計を立てる部分が大半であり、そのためにマナーなどスポーツマンシップをおろそかにしていいのかと言われれば、そうではない。そのような目に見えない部分を若いうちから指導することは重要であると思う。しかし、いくら日本王者とはいえ、まだ中学生の子供であり、ここまでメディアの格好の的にするのはすこしやりすぎなところがある。また、世界的に見れば、オリンピックや世界選手権等のビックゲームになればなるほど、このような光景は珍しいことではない。喜びを爆発するという意味では、外国選手の方が目に見えてわかりやすい。(もちろんそれがいいと言っているわけではないが・・・)
さらに他のスポーツに目を向ければ、サッカーや野球でも劇的な試合になれば、ベンチ選手が相手選手そっちのけで仲間と抱き合うという光景も珍しいものではないように思う。(これはイメージが先行しているかもしれませんが・・・)

言い出したらきりがないのと、堂々巡りになってしまうような気もするので、ここらで終了したいと思います。
要するに、普段関わりのない人からすると、見ている光景に違和感を感じることがあるし、逆にその中にいる人は気づかないということです!また、違うスポーツ・社会・グループなど、自分とは違う環境にいるものに対して、アンテナを張ることで、違いに気づくというのが大事なのかなと思います。
今回に限れば、卓球以外のスポーツでも似たような光景はないのかと、探し見るということですかね!

一つの視点に限らず複数の視点で物事を考えられるような人間になりたいです(笑)